04/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

ヘッドライン


page top

売れないVRヘッドセット 消費者の53%が「全く興味ない」


1: 名無し@\(^o^)/ 2017/05/23(火) 16:12:54.22 ID:r0Q6xtvy0 BE:695656978-PLT(12000) ポイント特典

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170522-00012479-wsj-bus_all
VRヘッドセット、なぜ売れないのか

仮想現実(VR)のブーム到来へ期待は大きかったものの、ヘッドセットの売り上げが伸び悩んでいる。なぜ売れないのかが、問題だ。

 調査会社スーパーデータ・リサーチによれば、VRヘッドセットの販売額は2016年に14億8000万ドル(約1640億円)に達した。
同社は2020年にその額が126億5000万ドルに達すると試算しているが、ゴールはまだまだ遠い。予想販売額は下方修正されたものだが、それでもここまでの伸びを見せるか疑問は残る。

 デジタル・マーケティング調査会社のスライブ・アナリティクスは3月、VRヘッドセットの購入を考えていないと話すインターネット利用者にその理由を聞いている。
調査会社イーマーケターがまとめたその調査結果には、予想通りの答えが並んだ。ヘッドセットの価格が高く、VRコンテンツが少ないことに加え、販売されている製品の質や、「乗り物酔い」になりそうだとの指摘が多いのだ。

 その中でも「単純に興味がない」と答えた人は、最多の約53%に達した。仮想ではない現実は、なかなか厳しい状況だ。



category: ゲーム

trackback: -- | comment: 7 |
page top

シャドウバースで大炎上中wwww関係会社とアマチュアチームの癒着や売春疑惑まで出てるぞ!www


1: 名無し@\(^o^)/ 2017/05/19(金) 17:50:08.32 ID:atKA1ZtB0

・ALSeeというアマチュアチーム所属のマトモ(江島知之)がRAGE(シャドウバースの公式大会)で相手選手を試合中に煽ったり、椅子揺らしや観客チラ見等の非紳士的行為を連発、問題視される

・煽られた松尾という選手を大会公式アカウントが、OPENRECという配信アプリのコメント欄で「松尾wwwwwwwww」と煽り、炎上、その後謝罪→炎上収まらずシャドバ道場という関連番組が閉鎖に

・騒動の中心ALSeeのチームリーダーことるがツイッターでマトモ(江島知之)の煽りを謝罪→同チームメンバーのぱんだ(田川雅弘)が「なんで謝るの?」と謝罪に対して批判、マトモ擁護に動く→ことるは謝罪ツイートを削除

・それまでのクソ環境やマトモや松尾wwwwwwwwwの件で荒れまくっていたシャドバ本スレにてマトモ擁護のALSeeチームメンバーが標的に

・そんな中マトモ擁護をしたゆあのツイッター履歴から個人情報が一気に特定、京都大学所属の下野普也くんだとバレる→普也くんのおばあちゃんが経営する和菓子屋に凸、サジェスト汚染などが始まり普也くんは謝罪、垢削除

・ぱんだとめーや(アマチュアチームAiS代表)がAppMedia経由でYouTubeにアップしていためやぱんちゃんねるの動画が低評価と荒らしが原因で全動画削除

・盗撮やアニメ違法視聴、未成年飲酒等問題行為が次々に明るみになったことるの顔写真が特定される

・ここで鎮火するかに見えた本炎上だが、マトモ擁護から様々なところへ飛び火した結果、ALSee内にて売春斡旋や未成年飲酒が横行していたと屈辱の決闘者(シャドバ有名プレーヤー)より明かされ再炎上

・ぱんだ(田川雅弘)の本名、経歴が特定、過去の未成年飲酒、売春、RMT行為、遊戯王パックサーチ行為が発覚

・更にはALSee、OPENREC、RAGE、サイゲームスの癒着が疑われるようなツイートまで発覚

・ちなみにOPENRECとRAGEの運営元はどちらもciberZという会社

・様々な疑念が疑念が渦巻く中、マトモ(江島知之)がデュエルマスターズなどを運営する会社をクビに

・またAppMedia社長とALSeeチームメンバーぱんだが同じ名字である事から親族である可能性が浮上

・更にciberZ社長関連人物のツイッターにてぱんだやめーや、ALSeeメンバーが(フォロー人数わずか13人にもかかわらず)フォローされていることが発覚

・ciberZ社長が3~4月に就活中のシャドバプレーヤーNAOKAに対して枕面接を持ち掛ける

・AppMediaの登記簿情報が書き換え中により取得不能の事態に 癒着疑惑が更に濃厚なものになりつつある←今ここ



category: ゲーム

trackback: -- | comment: 12 |
page top

プロゲーマー「ゲーマー=オタクじゃない。俺の容姿を見てほしい」


1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2017/05/13(土) 14:17:14.81 ID:zXTPr9ZN0.net

ゲーマー=オタクじゃないんだよって



自分の姿を見て思ってもらいたい



オタクどもには負けないぞ





category: ゲーム

trackback: -- | comment: 3 |
page top

堀江貴文・ひろゆき「ニンテンドーswitchは絶対コケる」


1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2017/05/04(木) 17:00:47.44 ID:gMjgdTMJd.net

ひろ 任天堂が次世代ゲーム機「NINTENDO SWITCH(ニンテンドースイッチ)」を初公開(2017年3月発売予定)しましたけど、
ゲーマーとしてはちょっとショックなんですよね。
ザックリ言うと「本体にディスプレイが搭載されている」「据え置き機としても携帯機としても遊べる」
「コントローラーをつけ替えることで複数人でも遊べる」ってことなんですけど、いまいちパッとしないというか……。

ホリ 俺も見てみたけど、確かに微妙だったわ。イメージ的には、「コントローラー付きの大型スマホ」って感じだよね。
でも、スマホではないからLINEとかのアプリを使うことはできない。

ひろ ゲームをしないライトな層は、きっと堀江さんと同じようなことを思ってるでしょうね。
んで、景気もよくない時代にゲームにしか使えないものを買う人って多くないんじゃないかと。お金に余裕がない人は
「ゲームよりもスマホとかタブレットを買おう」となるのが普通の流れですから。

ホリ スマホっていろんなことができる携帯型PCっていう存在だからね。




category: ゲーム

trackback: -- | comment: 12 |
page top

任天堂、「ミニスーパーファミコン」キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!


1: クロスヒールホールド(東日本)@\(^o^)/ [KW]:2017/04/20(木) 06:14:59.96 ID:GBkCI1CP0.net BE:837857943-PLT(16930)

任天堂は先週14日、ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ(以下、ミニファミコン)の生産を一旦終了することを発表した。

海外メディアEurogamerは19日、任天堂に近い関係者から得た情報として、ミニファミコンが生産終了となった大きな理由は、 同社がSNES miniつまり「ミニスーパーファミコン」の生産に切り替えたからだと報じている。すでにその生産が始まっており、 現時点では今年のクリスマス時期の発売が計画されているとしている。

スーパーファミコンは1990年に発売されたファミコンの後継機種だ。このミニスーパーファミコンについて、任天堂からは公式な発表はなく
今回の報道の真偽ははかりかねるが、EurogamerはこれまでにもNintendo Switchの形状などをその発表前に関係者への取材を通じて報じるなど、任天堂に関する情報には一定の実績がある。

http://jp.automaton.am/articles/newsjp/20170419-45171/





category: ゲーム

trackback: -- | comment: 2 |
page top

【朗報】FF15のエイプリルフールネタが面白すぎるwwwwwwww


1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2017/04/01(土) 18:20:26.71 ID:0tHLyJ6d0.net











category: ゲーム

trackback: -- | comment: 0 |
page top

【悲報】ゼルダの伝説の時系列、もう限界


1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2017/03/29(水) 00:18:59.67 ID:Z00kmep20.net





category: ゲーム

trackback: -- | comment: 10 |
page top

ゲーム開発者「外人はバグやUIの改善案を出す。日本は『不完全な作品出すな


1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2017/03/24(金) 08:48:09.93 ID:.net

IT部門はゲームユーザーと全く同じ、ベンダーは日本を相手にするな

 日本企業のIT部門の反応は、日本のゲームユーザーのそれと全く同じである。「おいおい、冒頭からいったい何を言い出すのだ」 と思う読者もいるだろうが、これは紛れもない事実なのだ。もう少し普遍的に言うと、日本人の客は企業、個人を問わず、売り手にとっては危険極まりない存在で、特にITが絡むとリスクはマックス。「とにかく初モノを出すのはやめておけ」ということだ。

 実は少し前に、日本のゲーム会社の人と会った時に、次のような話を聞いた。この人が言うに、世界一律サービスが可能なオンラインゲームでも、日本ではなく米国などで先行させるのが賢明だそうだ。日本のゲームユーザーは少しのバグも許さないし、ソーシャルメディアなどの普及で、ボコボコにされる風評リスクも高まっているからだ。

この話を聞いて、私は「なるほど、話題のオンラインゲームが欧米などで先行リリースされ、日本での提供が後回しにされるのは、このためか」 と妙に納得した。その人は「日本のユーザーは世界一厳しいですからね」と当たり障りのないことを言っていたが、私には「世界一めんどくさい客」 と聞こえた。プログラムなんだから初期にはバグが残っていて当たり前なのだが、軽微の不具合でも「カネ払ってんだぞ!」と多勢で責め立てられる。

 そう言えば、この「IT部門はゲームユーザーと全く同じ」という話をTwitterに投げたところ大反響があった。
その中に「海外ではユーザーフォーラムが充実していて、バグ発見やユーザーインターフェースの改善要望等を出して、もっとこのゲームを良くしたいという意識がユーザー側にもある」との意見があった。

私はそれを読んで、米国などでのエンタープライズ系ソフトウエアのユーザー会やOSS(オープンソースソフトウエア) コミュニティーの発想と同じだと感心してしまった。日本では残念ながら、ゲームユーザーや企業のIT部門などを問わず、 こうした発想を持つユーザーはごくわずかしかいない。大半の日本人ユーザーは「不完全なものを出しやがって。ふざけるな」と怒鳴り散らすのみである。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/463805/032300131/




category: ゲーム

trackback: -- | comment: 21 |
page top