01/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28./03

ヘッドライン

 2ちゃんVIP 系
 2ちゃんニュース系

 2ちゃんねる・短スレ
 情報・動画像

page top

JASRACが新しいシノギを発明wwwww


1: ミッドナイトエクスプレス(SB-iPhone)@\(^o^)/:2015/02/11(水) 19:39:54.09 ID:Q0/pjyH50.net

社交ダンス教授所以外のダンス教室の管理開始について

ソース
http://www.jasrac.or.jp/news/15/0209.html


ダンス教室のうち、社交ダンス教授所やカルチャーセンターでのJASRAC管理著作物の利用については、従前より許諾を行ってきましたが、
2015年4月から、社交ダンス以外のダンス教室での利用についても、以下の運用基準を定め管理を開始いたします。

→ 「音楽をつかう方」ダンス教室
http://www.jasrac.or.jp/info/play/school.html

→  使用料規程第2章第1節演奏等5ダンス教授所に関する運用基準(PDF:63KB)
http://www.jasrac.or.jp/info/play/pdf/school_02.pdf




category: 音楽

trackback: -- | comment: 10 |
page top

ついに電気を巣に流してビリビリさせるクモが登場 進化論で説明できるのかこれ・・・


1: アイアンフィンガーフロムヘル(岐阜県)@\(^o^)/:2015/02/11(水) 17:03:11.87 ID:JRIE3PbY0.net





蜘蛛の研究が本当のスパイダーマンを作り出す日もそう遠くはない?

千差万別とは言いますが、蜘蛛の巣はまさにそれ。ベトベトにくっつく巣を作る蜘蛛もいれば、 この写真のUloborus spiderのように超極細ナノスケールのふわっふわっの巣を作る蜘蛛もいます。
でもこのふわっふわっの蜘蛛の巣で一体どうやって獲物を捕まえるの? と思いますよね。どうやらこの巣、静電気を帯びてるらしいんです。

Current Biologyという雑誌に掲載された研究によると、このUloborus spiderがどうやって静電気を帯びる巣を作るのかという謎を科学者が解明したんだそうです。この巣の糸、実は蜘蛛の体の絹糸腺から液体として出てくるもので、蜘蛛がその液体を引っ張ると、その液体が個体の糸になっていくという摩訶不思議。でもそれだけじゃありません。
学術誌「サイエンス」のMonique Brouillette記者が詳しく説明してくれています。

この蜘蛛がどのように糸に電気を流すかというと、まず自分の後ろ足のところにある櫛のような板のところまで糸を引っ張ります。
その引っ張りは糸をふわふわにする効果もあります。その技術というのは紡織の準備で繊維の流れを整え、
柔らかくする ハックリング (櫛通し)に近いものがあります。しかし蜘蛛の場合はその工程で電気を流すのです。
それで、この電気糸がどうやって獲物を惹きつけるかというと、乾燥機からタオルを取り出すとき靴下がくっついて来るのと同じ原理で獲物をくっつけるのです。
ご存知のとおり、蜘蛛の糸はとっても強く軽量です。それぞれ違った種類の蜘蛛がどのように糸を紡ぐのかを理解することで、産業用ポリマーに応用できたりするんですね。この応用技術で電気の糸を出すスパイダーマンまで作れちゃったりして!

http://www.gizmodo.jp/2015/02/post_16487.html




category: 情報

trackback: -- | comment: 13 |
page top

パイロットが乗るとき「オレ死ぬんだな」と思うモビルスーツ5選


1: テキサスクローバーホールド(庭)@\(^o^)/:2015/02/11(水) 13:55:30.26 ID:DgkzqDMI0.net

・ボール (機動戦士ガンダム)
「そのマジックハンドみたいな手は意味があるのかよ」と突っ込みを入れたくなりますが、それ以前の問題として、まったく戦力になりません。少なくとも本編では役に立ったためしがほとんどありません。まさに「撃ってくれ」と言わんばかりの的。乗ったら最後、死にます。
キャノン砲がついてますが、まず当たりません。むしろ敵のビームにはよく当たります。
強いビームに当たると蒸発します。限りなく弱いモビルスーツです。しかも動力は燃料電池なので、私たちのストーブとか軽トラックとか、そのあたりと同じです。しかし、ボールにガンダムの顔を溶接してガンダムのふりをして敵を脅かしたことがあり、そのときは効果がありました。

・ジム (機動戦士ガンダム)
確実に死にます。まさに、爆発するためだけに存在しているモビルスーツ! 爆発シーン、つまり宇宙空間での戦闘シーンになくてはならない爆薬のような存在です。ジムがあるからこそ、 「戦争してるんだなあ!!」という臨場感が生まれるのです。それでもジム1体で数億円の製造費がかかっているでしょうから、本当ならジム2~3体くらいの予算でガンダム1体を作ったほうがマシ。

・ザクタンク (機動戦士Zガンダムほか)
いまだにファンの間で「戦車にザクの上半身をつける意味はあったのか?」と言われている、 ガンタンクのザク版のようなものです。存在が知られていませんが、ガンダムシリーズ本編にもチラリと登場。
戦うというより作業用のモビルスーツと考えたほうがよいでしょう。もちろん、武装もしていますが、自殺行為。

・レクテン (ガンダム Gのレコンギスタ)
ジムよりパワーが劣ると予想しますが、実践用のモビルスーツではない。

・ガンタンク (機動戦士ガンダム)
なによりも恐ろしいのが、パイロット席が頭にあって目立ちやすく、ガラスごしに丸見えで強度がまったくない点です。
敵のモビルスーツに狙われやすく、とにかく恐ろしい体験をすることになるでしょう。当初、操縦席と砲手席があり、 ふたりのパイロットがガンタンクを動かしていました。とにかく頭部の砲手席には乗りたくないものです。

http://buzz-plus.com/article/2015/02/11/gundam-mobile-suit/






category: 議論・検証

trackback: -- | comment: 24 |
page top