10/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./12

ヘッドライン

 2ちゃんVIP 系
 2ちゃんニュース系

 2ちゃんねる・短スレ
 情報・動画像

page top

【動画】シリア上空で“龍星群(ドラゴンダイブ)”


1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2015/11/15(日) 23:19:31.01 ID:TFz7v2Ci0.net



ついに奴らが動き出したか・・・




category: 情報

trackback: -- | comment: 14 |
page top

【米国】トランプ氏「フランス人が武器を持っていたら事態は違っていたかも」


1: フランケンシュタイナー(茸)@\(^o^)/:2015/11/15(日) 18:38:32.55 ID:GAPV9C/k0.net BE:882533725-PLT(14141)

2015年11月15日 16:57 発信地:ワシントンD.C./米国

【11月15日 AFP】2016年米大統領選挙の共和党の候補者指名を争うドナルド・トランプ(Donald Trump)氏(69)は14日、フランス・パリ(Paris)で発生し、 少なくとも129人が犠牲になった連続襲撃事件について、もし民間人が武器を所持していれば、「事態は違っていたかもしれない」と発言した。

 テキサス(Texas)州を遊説した不動産王で富豪のトランプ氏は、仏パリでの事件の犠牲者に黙とうをささげた後、「パリの場合、世界で最も厳しい銃規制が課せられており、悪人を除いては誰も銃を所持していない」と述べた。

 護身のために時折、銃を携帯すると認めているトランプ氏は、「(被害者ら民間人は)誰も銃を所持していなかった。容疑者たちは被害者たちの一人ずつに向けて発砲していった。その後、警官隊が到着して大規模な銃撃戦となり、最後にはテロリストたちを射殺した」と話した。

 さらに同氏は「私は言いたい。言いたいことを言っていいんだ。もし人々(=被害者ら市民)が銃を所持していれば、銃の所持が認められていたならば、事態は全く違っていただろう」と述べた。

 トランプ氏はまた、米シカゴ(Chicago)のように、厳格な銃規制を課している米国の都市では、結果として犯罪率が高いとの見解を示した。(c)AFP

(続きや関連情報はリンク先でご覧ください)
引用元:国際ニュース:AFPBB News http://www.afpbb.com/articles/-/3066723




category: 情報

trackback: -- | comment: 25 |
page top

フジテレビのエライさん「孤独のグルメ?こんなクソ漫画ドラマ化しても数字取れるわけないだろバカ」


1: 膝十字固め(庭)@\(^o^)/:2015/11/15(日) 13:18:25.44 ID:6d1rrMyt0 BE:273822876-PLT(13000)

「孤独のグルメ」はフジでボツに テレ東躍進はロケ率にあり

今週発売の「週刊ダイヤモンド」のテレビ特集が業界で話題になっている。タイトルは「誰がテレビを殺すのか」。
さすが老舗経済誌だけあって「電通すら見放したフジのゴールデン」とか各局の不動産利益率、地方局122社の経営苦境度ランキングなど、他誌では見られない切り口が満載。
中でも目を引いたのが「“手抜き”局はどこだ!?」という特集の中にあった各局のバラエティー番組における「ロケ率」の比較だ。

まず「手抜き」とバラエティーのロケ率はどういう関係があるのか。放送ジャーナリストの小田桐誠氏が言う。

「バラエティー番組というと“お手軽”な感じがしますが、そこにロケが絡むと制作側は大変な手間がかかるのです。
確かに芸人だけをスタジオに集めてアレコレ言わせるだけならお手軽です。しかし、ロケとなると、タレントやディレクター、それにカメラ、照明、音声が街に繰り出し、いったんはそこで編集しなければならない。
それを今度はスタジオにいる芸人たちに見せてコメントを収録し、さらに編集しなければならず、制作陣にとっては二度手間になるからです」

さて、その結果を見ると、トップはなんとテレビ東京の3.9%。以下、日本テレビ(2.3%)、テレビ朝日(1.7%)、TBS(1.6%)、フジテレビ(1.2%)と続くのだ。

「このところテレ東は『YOUは何しに日本へ?』や『モヤモヤさまぁ~ず』『路線バスの旅』などの独自路線で好調を持続していますが、その秘密はこんなところにもあったのですね。納得です」(前出の小田桐氏)

今やテレ東の顔となった「孤独のグルメ」も、実は当初、フジテレビに持ち込まれた企画だったが、幹部は一蹴。
仕方なくテレ東に持って行ったところ人気コンテンツに成長。今頃になって「なぜ、ウチでやらなかったのか」という声が上層部から上がり、現場の士気は下がる一方だという。
テレ東がフジを追い抜く日もそう遠くない未来だ。
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/169440




category: 情報

trackback: -- | comment: 13 |
page top