10/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./12

ヘッドライン

 2ちゃんVIP 系
 2ちゃんニュース系

 2ちゃんねる・短スレ
 情報・動画像

page top

【画像】VRA.Vの撮影風景が凄いwwwwwwwwww


1:風吹けば名無し:2018/11/05(月) 04:02:21.15 ID:5SCaMXIV0.net








男優は動けない模様




category: 画像・動画

trackback: -- | comment: 1 |
page top

【動画】JK「私のケツ筋ビート見てよ!w」


1:風吹けば名無し:2018/11/06(火) 20:35:42.93 ID:jaCI+dHbM.net




category: 画像・動画

trackback: -- | comment: 9 |
page top

外人「日本は世界一ITの人材が居ない国だ」


1: 名無し@\(^o^)/ 2018/11/06(火) 17:41:54.71 ID:+dmShiFU0 BE:194767121-PLT(12001)


世界33の国と地域を対象にした人材のミスマッチに関する調査で、日本は、IT分野などの高度なスキルを持つ人材を
確保するのが最も難しい国だと指摘されました。
この調査は、イギリスの大手人材コンサルティング会社「ヘイズ」が、33の国と地域の政府統計などをもとに、
企業が求めているスキルと実際に仕事を求めている人のミスマッチの度合いを数値化したものです。

それによりますと、求人が過剰な状態を「10」、人手が過剰な状態を「0」、均衡がとれた状態を「5」とした場合、
日本は去年より0.1ポイント上昇して最大の「10」となりました。

これは、スペインやルクセンブルクと並んでIT分野などの高度なスキルを持つ人材の確保が最も難しい国であることを示しています。

その理由として、労働人口の減少のほか急速な技術の進化に日本の人材が持つスキルが追いついていないことを挙げ、
背景には、横並びの給与など従来型の評価制度や日本の教育内容に問題があるとしています。

一方、今回の調査で人材の均衡がとれていたのは香港やインドで、外国から人材の受け入れを進めていることなどが背景にあるとしています。

記者会見したヘイズの日本法人のマーク・ブラジ代表は「日本がやるべきことは必要な人材を育成すること、
必要な人材を受け入れること、人材を適応させていくことだ。もし人材の獲得競争に勝ちたいのであれば
国際的な課題やルールを理解しなければならない」と指摘しています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181106/k10011700411000.html



category: 情報

trackback: -- | comment: 6 |
page top

【悲報】来夏コミケから入場料の有料化、一般参加者にリストバンド購入義務付け


1: 名無し@\(^o^)/ 2018/11/06(火) 12:57:21.80 ID:b5siIOEZ0 BE:993788992-PLT(13001)


コミケ有料化へ 東京五輪によるビッグサイト利用制限で経費増
2018年11月6日 10時50分 BIGLOBEニュース

コミックマーケット準備会が、来年8月の「コミックマーケット96(C96)」と12月のC97について入場料の有料化を検討していることが分かった。
C96とC97での有料化は、サークル参加者に送付した「コミケットアピール 95」の「共同代表からのごあいさつ」で言及。
サークル通行証をリストバンド化し、カタログを購入しない一般参加者にはリストバンドを購入してもらうことで、参加者の識別を行うとしている。

有料化の背景には、C96とC97の開催期間中、東京五輪の影響で東京ビッグサイトの東展示棟が使用できない事情がある。
サークルに充てる西展示棟・南展示棟の面積は、今年と比べ約71%と狭くなるため、東京ビッグサイトに加え
約1.5キロ離れた青海展示棟を企業ブースとして利用。さらに、多くのサークルが出展できるよう、コミケ史上初めて4日間で開催する。

準備会は、「『有料化』はこれまでのポリシーやスタイルとは異なる」としながらも、有明と青海の2会場4日間の開催による
経費増加への対応と、混雑に対する安全対策として検討。詳細は今後発表するとしている。

http://news.livedoor.com/article/detail/15554096/



category: 情報

trackback: -- | comment: 6 |
page top

【画像】溺れた犬を助けるため、 JKが制服のまま11月の冷たい川に飛び入る


1: 名無し@\(^o^)/ 2018/11/06(火) 14:39:29.36 ID:/sWzu1o/0





category: 画像・動画

trackback: -- | comment: 9 |
page top

【朗報】陽キャ、精神疾患の女性に小麦粉や卵を浴びせて笑顔で写真撮影


1: 名無し@\(^o^)/ 2018/11/06(火) 08:41:41.25 ID:jpmE31Lad

今年7月、精神疾患を抱えている女性が5人の10代少年に理由もなく侮辱され、嫌がらせ行為を受けた。
今回、加害者の1人が18歳になったことから身元や顔写真が英メディアで公表され、
青少年裁判所での公判内容も明らかになった。『Mirror』『The Sun』などが伝えている。

7月27日の午後6時頃、英サフォーク州ベリー・セント・エドマンズに住む1児の母ジャニス・モリスさん(49歳)が
公園のベンチに座っていたところ、10代の少年らが近づいて来た。
5人はジャニスさんにドラッグについての質問を始め、1人がベンチの後ろへ回ってジャニスさんの顔に唾を吐きかけた。
「なぜそんなことをするの」と言うジャニスさんに少年らは嘲笑を浴びせ、更に唾を吐いた。
その後、少年らは10分ほどその場を離れたが、近所の店で購入した小麦粉と卵を抱えて再び戻ってきて、それらをジャニスさんに浴びせたのだ。
全身白い粉まみれになるも、ジャニスさんは恐怖に怯えてベンチから動けなかったようだ。

傷つきやすく精神疾患があるジャニスさんがなす術もなくベンチでうなだれている姿を、
少年らは嘲りながらベンチの後ろでジャニスさんを指さすポーズをし、写真撮影した。写真右端に写っているのが、
今回18歳になり顔と身元がメディア上で公表されたコーハン・センプルである。

センプルは、写真をソーシャルメディア「SnapChat(スナップチャット)」に投稿した。
仲間の1人がその写真のスクリーンショットをFacebookに投稿したことから、この画像が拡散。
多くのユーザーらが少年の行動に嫌悪感を露わにし、非難の声をあげた。事件当時、少年ら全員が15歳~17歳だったため、
法の保護のもと身元は公表されていなかった。しかし今回、18歳になったセンプルは身元を公表されるとともに
青少年裁判所でのやりとりも明らかになった。
no title

http://news.livedoor.com/article/image_detail/15549818/?img_id=19269291



category: 地域・社会

trackback: -- | comment: 19 |
page top

【悲報】中国人が「こたつ」の良さを知ってしまう


1:名無しさん@涙目です。:2018/11/05(月) 19:52:09.81 ID:OwFKvBH70.net BE:323057825-PLT(12000)


中国人の日本文化への理解は、アニメやドラマによるところが大きいだろう。
若者を中心に、日本人の生活への興味と好感につながっている。
中国メディアの今日頭条は10月31日、日本人が冬を乗り越える「神器」として、「こたつ」を紹介する記事を掲載した。
最近では、中国の生活習慣にも合うような新しい商品が出ているという。

 記事の中国人筆者は、日本のアニメやドラマで見たこたつが忘れられないと紹介している。
冬の寒い日に、家族がこたつに集まり一緒に食事をしたりくつろいだり、時には寝落ちしてしまったりする光景が印象的で、
「こたつというものは、一度入ると離れられなくなるようだ」と感じたことを伝えている。

 「机に布団を掛けたものがそんなに暖かいのか」興味を持った筆者は、中国のネットショップで探してみたそうだ。
足の短い机は畳に直接座る日本人の生活に合わせたもので、全く同じものはなかったそうだが、
ある日本のメーカーが出している中国人の生活にマッチした商品を見つけたそうだ。

 中国では机と椅子の生活なので、冬は集中暖房のない地域だと座っていて非常に寒い。
この商品は、机の下にマグネットで取り付けられる薄いヒーターによって足元を暖めるというものだ。
暖かいがやけどをするほどではなく、取り付けも簡単だと紹介している。
机に布をかぶせれば、日本のこたつ同様足元全体を暖めてくれるので、体がポカポカになると伝えた。

ずっと憧れていた! 日本人が冬を乗り越える「神器」を買ってみた=中国メディア
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15548370/




category: 情報

trackback: -- | comment: 11 |
page top