08/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./10

ヘッドライン

 2ちゃんVIP 系
 2ちゃんニュース系

 2ちゃんねる・短スレ
 情報・動画像

page top

トランプ米大統領「中国が買ってくれなくて余った大量の大豆があるんだ、シンゾーw」


1::2019/09/03(火) 17:04:36.23 ID:IXuadb1/0.net BE:765014536-2BP(1500)


■大豆の一大産地は重要な選挙区
 トランプは8月25日、フランスで行われた日米首脳会談の後、共同会見の場で
「中国が約束を守らないからアメリカではトウモロコシが余っている。
そのすべてを日本が買ってくれることになった」
とうれしそうに語ってみせた。
“第2弾”として、余った大豆を大量に購入させられることが予想されているのだ。

「トランプ大統領が農家に気を使っているのは、来年の大統領選のためです。
トウモロコシの輸入を迫ったのは、一大産地であるアイオワ州が
『アイオワを制する者が選挙を制する』といわれるほど大事な州だからです。
大豆も同じです。
農業が主要産業である中西部は、トランプ大統領の大票田であり、
しかも、選挙のたびに結果が変わるスイングステートです。
再選を狙うトランプ大統領は、どうしても落とせない。
中国に代わって大量の大豆を購入できるのは日本くらいしかない。
トウモロコシにつづいて大豆の買い上げも迫ってくるはずです」(経済評論家・斎藤満氏)
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/261181


米農務省は今週、2019年に大豆の在庫は2倍以上に増えるとの見通しを示した。
穀物と油糧種子の在庫は200万トンから1億400万トンに増える見通しだ
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38871440T11C18A2000000/




category: 情報

trackback: -- | comment: 9 |
page top

【悲報】新井浩文さん、強かん事件について生々しすぎるエッチな主張をしてしまう…


1: 名無し@\(^o^)/ 2019/09/03(火) 20:48:05.64 ID:tAXmIKlUd

新井浩文被告「拒否してないと思った」生々しい主張

「(マッサージ中、女性の服を脱がし)胸をなめたり、
陰部を触ると(女性は)小さい声で『ダメですよ』と
言った。
だが、膣(ちつ)がぬれているのを見て拒否していない
と思い(女性の)陰部に挿入し、腹部の上に射精した」
などと述べ、あらためて「暴行・脅迫を用いておらず
強制性交等罪は成立しない」と主張した。

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201909020000664.html



category: 芸能

trackback: -- | comment: 0 |
page top

【画像】ノーブラまんさん、エチエチすぎるwwwww


1: 名無し@\(^o^)/ 2019/09/03(火) 11:21:17.52 ID:HeV3zV/rd

no title

no title

no title




category: 画像・動画

trackback: -- | comment: 1 |
page top

【速報】中国、米国をWTOに提訴


1::2019/09/02(月) 23:33:08.65 ID:idAp8v3p0 BE:479913954-2BP(2931)


【北京=原田逸策】中国商務省は2日夜、米国が1100億ドル分(約11兆円)の中国製品に1日から15%の追加関税をかけた措置に対し、世界貿易機関(WTO)に提訴すると発表した。
米中は9月初めにワシントンで閣僚級の貿易協議を予定していたが、実現はさらに不透明になった。

商務省報道官は声明で「米国の追加関税は(6月末の)大阪での米中首脳会談での合意に著しく反し、中国は強烈な不満と断固たる反対を表明する」と指摘した。
首脳会談でトランプ米大統領は「当面は追加関税をかけない」と約束したが、7月末の上海での協議が不調に終わると、3000億ドル分の中国製品を対象にした制裁関税「第4弾」を課す方針を決めた。このうち9月1日に発動したのは1100億ドル分。

今回の提訴には米国がWTOを軸とする多角的貿易体制を軽視する一方、中国はWTO体制を重視すると国際社会に印象づける狙いがある。
声明は「多角的貿易体制と国際貿易秩序を断固守る」とした。中国はすでに大半の米国製品に追加関税をかけており、報復措置が限られていることも背景にありそうだ。

米中が9月初めに予定した協議は実現が危ぶまれる。商務省の高峰報道官は8月末の記者会見で、新たな追加関税措置を取り消すことが協議再開の条件になるとの考えを示唆していた。

https://r.nikkei.com/article/DGXMZO49330950S9A900C1MM8000?n_cid=BMSR2P001_201909022230




category: 情報

trackback: -- | comment: 5 |
page top